RECENT COMMENTS×
PROFILE×
LOGIN×
userid:

password:



otowaya style

okofke

sentence + photograph

 

<< 自信教人信 | main | なかまたち >>
音羽屋的美味〜尾道・串かつ一口
一口前

この店を紹介するのはすでに3度目。しかし、訪れるたびに全く変わらない、むしろ大きすぎるまでの期待をさらに上回って返してくれる名店である。ジャンルを超越して、音羽屋的に日本で最もうまい店がこの「串かつ一口」なのだ。

串かつというと獣肉をイメージするが、この店のメインは瀬戸内であがった新鮮な魚介類。寿司ネタよりも新鮮なんじゃないか?と思われる(というかすべて刺身で食べられる)ほどの素材を、目の前でテンポ良く、ネタによって揚げ方を絶妙に変えながら供してくれる。今回は、その見事な職人技で揚げられた串かつの数々を写真で紹介したいと思う。

キス
キス。これをかじる最初の一口がたまらない。塩とレモンで。

アナゴ
アナゴ。香ばしい尻尾から食べるよう促される。なるほど、最初の「カリッ」を堪能するには油の乗った腹部分を食べてからでは遅すぎる。塩とレモンで。

クジラ
クジラ。素揚げしたものと衣をつけたものを一串づつ。どちらもうまいが、音羽屋的には衣付きが好み。初めて食べたときにはその陸の獣とはまったく違う種類の旨みとそれを見事に包み込んだ衣の合わせ技に完全にヤラれた。ソースで。

イワシ
イワシ。これが一番好き!という人も多い。揚げたてをバットの上に置き、そこに醤油をかけていただく。ジュワーと音を立てる醤油と野趣あふれるイワシの香り。音までうまい一品だ。

カキ
カキ。季節メニューでこの時期のおたのしみ。「一口独自の揚げ方」というそれは、通常のカキフライではありえないほどにジューシーである。噛むと、文字通り極上のカキのスープがあふれる。ソースにレモンをたっぷりしぼって。

アサリ
アサリ。ピリ辛味の衣をまぶしてカラリと揚げる。見るからにうまそう。ひとつつまんで口に運ぶ。うまい。さらに口に運ぶ。うまい。気づくとあっという間になくなっている。

ニシ
ニシ。聞き慣れないかもしれないが、貝である。これがまた・・・すごい旨み。サザエより旨みは濃いと思う。それが油で揚げる調理法にはぴったりということなのか。ソースで。

エビ
エビ。ある意味天ぷらやフライの王様的存在だが、地位に安住しているネタだけにこの店ではむしろかすむ。エビは当たり前のようにうまく、その他のネタはさらにうまい。これが一口のすごさなのかもしれない。塩、ソース、お好みで。

カイバシラ
貝柱。画面手前の細い部分から食べるよう促される。噛めば噛むほどに濃くなる味わい。もうなんていうか・・・すごい。見た目もすごい。レモンをたっぷり搾って。

イカ
イカ。元々タンパクなネタだけに味の形容は難しい。しかし、一口に来たからには食べずに帰れない品。分厚いがおどろくほどやわらかい。ピリ辛の醤油をつけて。

ハス
レンコン。メニューには野菜もある。サックリとした歯ごたえとその後にやってくるレンコンのコク。脇役、あるいは引き立て役に回りがちな野菜だが、ここでは立派な主役だ。塩、ソース、お好みで。

一口ではいつも食べる量に限界があることを呪ってしまう。一通り食べたあと、なにをおかわりするかを考えるのは楽しみと口惜しさが入り交じる複雑なひとときだ。最終的にはキス、イワシ、ニシなどを追加することが多いが、できることならもう一回りしたくなる。

一口のすごいところは翌日まったく胃がもたれていないことだ。これは自分に限らず一口でたらふく食べた人の多くが同じく感じるところ。余分な油を全く残さず、完璧なタイミングで揚げ切る技術は見事としかいいようがない。ちなみに、なにかコツがあるのかと聞いてみたところ、とにもかくにも「音」だそうだ。客としゃべっていても注文を受けていても、音の変化だけは聞き逃さない。熟練の技なのだ。

串かつ一口は、ミシュラン風にいえば「ここに行くために旅行をする価値のある店」。けれど、とりあえずは尾道に行く機会があれば寄ってみることをおすすめしたい。基本地元密着の店だが、我々観光客にもとても優しい。

いまは夜中の2時半。深夜にこの写真を見るのは正直きつい。往復10時間の弾丸ツアーもアリか・・・あーまた食べたい。メリークリスマス。

バナー←ここだけは自信をもってオススメできます。クリッククリック。
| 2008.12.25 Thursday | 音羽屋的食事 | comments(6) |
COMMENT
すんばらしいクリスマスプレゼントをありがとう・・・。
日本帰ったときは絶対行こうっと。
| |
よだれだらー。。
特に貝柱。おいしそすー。
メリークリスマス!
これは行かんとあかんやろ。
これはいかなあかん。
本気で。
| マレー東山 |
一番好きなのは、キス・いか・いわし・あさり・はす・ニシ・穴子…、
て全部だ。。。。。行きたい。。。。
ネタが美味しいのはもちろんなんだけど、油・衣・ソース、全てうまいんだな〜。
| kana |
>鬼さん
某弟氏はこの記事を絶対信じていない。彼のためにも行って、自らの舌で確かめてあげてほしい。行く際は事前に言ってもらえればネタをとっておいてもらえるようにお願いもできます。


>ホリデーさん
ダレヨやばいですよね。ほんとうまいですよ。ぜひ。


>マレー東山さん
早々に。年2回はマスト。2ヶ月に1回でもアリかと。


>kana
感謝しているよ。こんなすばらしい店との御縁を頂けたことを。今回のひとつの収穫は、オヤジさんがケガで店に立てず、完全に2代目の調理であったこと。これがまったく遜色なく、気になるところはなにもなかった。しっかり技が伝承されていることが確認できて安心(いつもより人数が少ないので皿とか搾ったレモンを下げたりといった作業が追いつかない部分もあったけどそれはしゃーないからね)。でも、とりあえず次はあのオヤジさんの雰囲気でまた食べたいね。
| 音羽屋 |
では、ぜひ弟を連れて行ってきます。
| |













RSS1.0 | Atom0.3
このページの先頭へ
音羽屋的。マップ
α
GoogleAnalytics
音羽屋的。ワード
音羽屋 スナップ 写真 日常 非日常 下灘 予讃線 JR 鉄道 徳山 男 街角 一口 GR GRD GR21 コンタックス ライカ リコー こども グルメ 食事 山岳 北アルプス 東京 吉祥寺 新宿 歌舞伎町 京都 言葉 
technorati
テクノラティお気に入りに追加する
(C) 2019 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.